セラミド化粧水を選ぶ時のポイント

セラミドは角質層の細胞間脂質の中に存在する成分で、水分を挟みこむようにして、ギュッと保持してくれる作用があります。肌荒れを起こしやすい人の多くは、この成分が少なくなってお肌の保水力が下がり、乾燥しやすくなっているうえに、外部刺激をブロックしにくく、結果、肌荒れしやすい状態になっています。お肌に潤いを与えるだけなら普通の化粧水でも可能ですが、潤いをキープできなければお肌は乾いていきます。保湿するだけではなく保水する力が大切で、その保水のためにとても重要な成分です。

セラミドの化粧水を選ぶ時には、まず種類を知っておく必要があります。「天然」「合成」「ヒト型」などです。「天然」は馬由来や植物由来です。人間の角質層の細胞間脂質と近く、敏感肌やアトピー性皮膚炎の人の保湿に適しています。

「合成」は石油原料から作られており、リーズナブルな価格が特徴ですが、敏感肌の人などは肌に負担となることもあります。「ヒト型」は酵母を利用して生成されています。人間の体内の角質の細胞間脂質にもともと存在しているセラミドと、ほぼ同等の構造を持っています。「合成」や「天然」に比べると、肌への親和性が最も高いのが特徴です。

うち、敏感肌の人に最もおすすめなのが「ヒト型」です。お肌にやさしく保湿力があるという点では「天然」も良いのですが、「人の肌にセラミドを補う」「保水力を高める」という点では、「ヒト型」の方がパワーが上です。その化粧水が「ヒト型」かどうかを見分けるのかは、意外と簡単です。「ヒト型」の商品は成分表示上で「セラミド」プラス数字、もしくはアルファベットとなっていますから、そこを見ましょう。

ロダンフィールズのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *