セラミド配合化粧水はよい高い保湿力が期待できます

セラミド配合の化粧水が開発されており、正しく使うことで、より保湿効果を得ることが期待できます。セラミドは表皮の1番上の層にある0.02mm程度の角質層の中に存在している細胞間脂質を構成する成分のひとつです。細胞間脂質は、天然保湿因子が抱え込んでいる水分を挟み込み、水分を逃がさない働きがあります。水分保持には挟み込む働きが最も保湿力が強く、肌を健全な状態にするための重要な役割があります。

強力な水分保持ができる細胞間脂質の主成分はセラミドで、約50%を占めています。不足すると水分が保持できなくなり、肌が乾燥し、バリア機能も低下するため、肌のトラブルが発生します。ターンオーバーの過程で生成されるため、加齢などでターンオーバーが遅くなったり寝不足などで生成される量が減ると乾燥肌や敏感肌の原因となります。セラミド配合の化粧品は、いくつか種類があり、ヒト型がより保湿効果が高いです。

これはヒトの肌に存在しているものとほぼ同じ型の構造を持つため、他と比較すると保水力が高く、刺激が少ないのです。またナノタイプも良いです。通常のタイプと比べて角質層への深い部分まで浸透します。正しい使うには肌に浸透させることです。

手のひらで10円玉程度の適量を顔全体に伸ばして温めます。化粧水を肌に伸ばしたら両手で頬を包みこんで約3秒程度かけて優しくなじませます。続いて目頭に指先をあて、手のひらを鼻筋と口元に沿わせて、手のひらを密着させるように3秒間なじませ、おでこと顎にも3秒間上から押さえて浸透させます。乾燥が気になる場合は、重ねづけでも大丈夫です。

最終的に手のひらに肌が吸い付く状態がベストです。肌を健全に保つにために、生活習慣の見直しだけでは足りなくなった水分はセラミド配合化粧水で解決です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *