乾燥肌にはセラミド配合の化粧水がおすすめ

セラミドとは、肌表面を紫外線やホコリなど外部のダメージから守る為に存在する角質層の成分であり、肌のバリア機能ともいわれています。肌の角質層は角質細胞が何層にも重なって出来ていますが、その細胞の隙間を埋めている「細胞間脂質」の主成分がこのセラミドです。しかし、偏った食生活や睡眠不足など生活習慣の乱れやストレス、空気の乾燥、紫外線、加齢、間違ったスキンケアなどにより肌のバリア機能が失われてしまうと肌の水分が蒸発し乾燥肌になりやすくなり、乾燥によってセラミドが不足します。そうなると外部からのダメージを受けやすくなったり、汚れや細菌も侵入しやすくなるため肌荒れや敏感肌、かゆみやアトピーなどの原因にもつながります。

そのため、乾燥した肌や敏感肌には通常の化粧水よりもセラミド配合の化粧水を使うことがおすすめです。角質層がうるおいを保つことで紫外線や細菌など外部の刺激から肌を守る肌のバリア機能を高め、肌荒れを起こしにくい状態へと導いてくれます。また、肌の保水力が高いとされるヒアルロン酸は強い保水力はあるものの単体では水分の蒸発を防ぐことは出来ません。この水分の蒸発を防ぐ役割を持つのが、肌のバリア機能を高めるセラミドであり、肌表面に水分と油分のバリアを行き渡らせて水分を逃がすことなく外部刺激から肌を守ります。

この2つの成分の相乗効果により理想的な肌環境をつくることができるので、化粧水を選ぶ際はこの2つの成分が配合されているものをおすすめします。しっかり保水、保湿をして乾燥に負けない美肌を目指しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *