高い保湿力でお肌を潤わせるセラミド化粧水

コラーゲンやヒアルロン酸に代わって、TVや雑誌で話題になっているセラミド。人の肌にある天然の保湿成分で、水分を強力に挟み込む働きがあります。ですから肌の内側にある潤いを逃がしません。また角質層がうるおうことで、紫外線やホコリなど、外からの刺激を跳ね返せるようになります。

ただ残念なことに年齢を重ねるごとにこの成分は減っていきます。30代から減り始め、60代になるとピーク時の半分になってしまうといわれています。そのため細胞と細胞の間に隙間ができるので、肌がスカスカになり、乾燥が進み、シミや小ジワなどの原因となります。その状況を改善するためにこの配合した化粧水を各メーカーが開発しています。

選ぶ際のポイントは保湿機能の高さです。セラミドはいくつかの種類があるのですが、ヒト型セラミドが配合された化粧水が、他のセラミドのものと比べて、保水力が高いといわれています。また比較的に刺激が少ないという良さもあります。さらに最近では細かくなったナノセラミドが登場し、通常のものに比べ、角質層の深い部分まで浸透するといわれています。

また保湿に加え、抗炎症、エイジング、バリア機能などの、相乗効果が期待できる各種美容成分がメーカーごとの工夫で化粧水に配合されています。そして価格は120ミリ前後で2000円から4000円程度となっています。メーカーによっては、モニターなどの特別価格を設けているので気軽に試すこともできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *