• 使い終えたダンボール箱は潰してリサイクル

    通販サイトを利用して買い物することが多い、このような人は荷物を詰めいたダンボール箱をどのようなタイミングで廃棄しているのでしょうか。

    ダンボール箱に関してとにかく簡単に調べられます。

    小さなものなどは小物を整理するのに便利、中くらいのサイズも物入で利用しているケースも多いかと思われますが、新品のダンボール箱も運搬途中で害虫などの卵が産みつけられることもある、それが孵化して成虫となれば部屋の中への害虫の被害などのケースもあるので注意が必要です。



    特に、ゴキブリなどの害虫はダンボール箱にある卵が孵化して成虫になったなどのケースがあるといわれており不要なものはなるべく早いタイミングで処分するのが良いといいます。

    自治体にもよりますが、資源ごみ回収でダンボール箱を捨てることができるようになっている、資源ごみ回収は1週間に1度などの割合で行われていることも多く、そのタイミングに合わせて回収処分をするのが最適です。



    部屋の中で使いたいといったときには、殺菌消毒をすることでゴキブリの被害を受けずに済むわけですが効果的といわれているのは直射日光に長時間さらしておくことです。

    太陽光にさらすことで表面にある害虫の卵を死滅させることができる、他の雑菌の消毒効果を期待することができるなど使いたいときにはこのような方法で対策を行うと良いでしょう。

    ある程度たまったら紐で結わいて捨てるといったケースもあるかと思われますが、害虫などのことを考えた場合にはその都度が最適です。