• 運搬に使われるダンボール箱

    日常生活ではそれほど使わない人も多いですが、荷物を扱う会社などで頻繁に使われるのがダンボール箱です。

    ダンボール箱の利点はものが再生紙などを使っていることが多いためコストが安くすむのと、その割に頑丈で収納力に優れている点です。

    会社にある荷物を定期的に発送するような会社は、常にダンボール箱を用意しておいて使えるようにしておきます。

    ダンボール箱の情報を探すならこちらです。

    サイズ別に50なり100なり用意しておけば、とりあえず困りません。
    ダンボール箱は書籍が入りやすいように、A4サイズやB5サイズがピッタリ収まるサイズが一般的で、送る荷物によって適したものがあります。

    特徴的なのがその構造で、二枚の紙の間に波状になった紙をクッションとして入れる事で、非常に堅い紙質になっているのです。
    20キロや30キロという重量でも入れられる堅いダンボール箱もあり、大体の荷物の運搬に使われています。

    繰り返し使えるものではありますが、それなりに使い続けると弱ってしまうため、定期的に購入する必要があり、製造工場も各地に多数あります。

    一般的な形のものをみかん箱という言い方をしますが、シンプルな構造ならどんどん安い値段で作れるようになっており、各工場で激しい値下げ競争が繰り広げられているのです。



    使う側にとって荷物が入れば素材は何でもいい、といった場合にはかなり安い材料で作って安く済ませる製造方法もあり、大量購入なら非常に安くなるため相見積もりを取って出来るだけ安いところで購入するといいでしょう。